「一目置く」というフレーズ、何気なく使ったりしますが元々の意味や語源など知らないことがあったので調べてみました。


一目置くの意味は、優れたものに敬意を払い一歩を譲る、ですね。


まず、一目置くの語源は囲碁からきてます。
囲碁において一目とは、1個の碁石や碁盤上の一つの目、を表しており、囲碁では対局の開始時に弱いほうが先に石を置かせてもらうというルールがあるそうです。


つまり、碁石を碁盤に置くことが「一目置く」ということで、そこから、優者に敬意を払って一歩下がる、という意味になったようです。


カジノでも一目置かれるプレイヤーになりたいものです。