将棋の藤井聡太七段が、棋聖戦五番勝負で渡辺明棋聖に3勝1敗とし、17歳11か月でのタイトル奪取となりました。

タイトル獲得の最年少記録は1990年に屋敷伸之九段が記録した18歳6か月を、藤井聡太七段が30年ぶりに更新した形になります。

藤井聡太七段、タイトル(棋聖)獲得おめでとうございます(*'ω'*)
この勢いで、現在挑戦中の王位七番勝負も突破してくれることを期待してしまいます。